陶芸 漆芸 日本茶を愉しむ美術工芸ギャラリー

美術工芸おがわ

日本茶を愉しむ会

美術工芸おがわでは定期的に「日本茶を愉しむ会」を開催しています。
このページでは、過去の日本茶を愉しむ会の様子などを掲載しています。

日本茶を愉しむ会(2018年8月)

2018年8月26日(日)美術工芸おがわのギャラリーで、日本茶を愉しむ会を開催いたしました。

日本茶を愉しむ会(2018年8月)

お茶の歴史に触れる

今回は、中国唐代から明治時代へと、資料を読みながら、それぞれの時代を表すお茶やお茶菓子を味わい、お茶の長い歴史に触れました。
お淹れしたお茶の各々の香気、水色、味の違いを感じていただけたようで、参加された方からは、様々な感想を頂戴しました。
お茶を飲むことは、1200年の歴史と繋がる瞬間でもあります。
お茶の歴史を紐解きながら、古来より、人と人を結ぶのも、お茶の力だと感じます。
かけ足でお話を進めてしまい、わかりにくかった点もあったと思います。
これからもお茶に繋いでもらったご縁を大切にしながら、日本茶を愉しんでいきたいと思います。
御一緒いただいた皆様、本当に有難うございました。

日本茶を愉しむ会(2018年8月)

今回のお茶・お菓子

    平安時代 日本茶のはじまり

  • 朝宮茶(滋賀県)
  • 最澄が唐より種を持ち帰り近江の地にお茶を伝える。
  • 梨(香川県)
  • 『茶経』によると、茶菓子には『葡萄、林檎、柿、梨』などの記述があります。
  • 鎌倉時代 栄西が宋より抹茶法をもたらす

  • 抹茶(京都府宇治市)
  • 今回は抹茶ではなく、抹茶のソースを各自練ってもらい、抹茶団子にかけました。
  • 日干番茶(滋賀県) 宍喰寒茶(徳島県)
  • どちらも庶民のお茶ではないかというお話をしました。
  • 江戸時代 煎茶の完成

  • 永谷宗園茶店 煎茶天上天下一(京都府宇治市田原)
  • 1738年永谷宗円が15年かけて蒸し製煎茶を完成。日本煎茶元祖と称えられています。
  • 元祖「なが餅」(三重県)1550年創業
  • 明治時代 童仙房の茶園の開拓

  • 童仙房の煎茶(京都府南山城村)
  • 京都府南部で最も標高が高いお茶の産地で、明治に開拓されて以来、独特の茶園経営が行われています。

配布資料

  • 配布資料 中国唐代「茶経」の茶の再現 『茶論』より
  • 配布資料 宇治茶の昔の姿を探る 『お茶の京都』より
  • 配布資料 宇治茶の文化的景観 『お茶の京都』より
日本茶を愉しむ会(2018年8月)

過去の日本茶を愉しむ会

2017年2月(2017.2.12開催)

2017年3月(2017.3.26開催)

2017年5月(2017.5.20開催)

2017年6月(2017.6.3開催)

2017年7月(2017.7.8開催)

2017年9月(2017.9.9開催)

2017年11月(2017.11.26開催)

2018年1月(2018.1.28開催)

2018年3月(2018.3.31開催)

2018年4月(2018.4.22開催)

2018年6月(2018.6.24開催)

2018年7月(2018.7.22開催)

ページトップへ戻るアイコン

  • 備前焼ページ
  • 備前焼茶陶ページ
  • 備前焼壺ページ
  • 備前焼酒器ページ
  • 備前焼花器ページ
  • 備前焼食器ページ
  • 備前焼その他ページサブ
  • さぬきの焼ページ
  • その他の焼物ページ
  • 漆器・木工品ページ
  • 日本茶を愉しむページ
  • 近江銘茶ページ
  • 近江銘茶ページ
  • 日本茶を愉しむ会ページ
facebookロゴ  Twitterロゴ