陶芸 漆芸 日本茶を愉しむ 美術工芸おがわのホームページです。

美術工芸おがわ

美術工芸おがわへようこそロゴ

 美術工芸おがわ店舗内

上田敦子作陶展

美術工芸おがわにて、11月3日から11月12日まで開催する上田敦子作陶展のお知らせです。

上田敦子さんは愛知県立芸術大学で陶芸を学んだ後、15年前に地元徳島で築窯し、陶芸家として活躍されています。
今回の作陶展は、高松天満屋で開催された女性作家のグループ展「四国のガイアたち」の出品以来、高松では初の個展です。
鉄絵を中心に、黒、伊羅保、灰釉等、自然灰を調合した作品約100点が並びます。
季節の草花をスケッチし、絵付けをした花器や大皿の他、酒器や豆皿、マグカップなど、普段使いの器も多数展示します。

是非この機会に、ご高覧いただければ幸いです。

【会期】 2017年11月3日(金)~ 11月12日(日)(期間中無休)

【時間】 10時~17時

【作家在廊日】

     11月 3日(金)  11月 4日(土)  11月 5日(日)

     11月11日(土) 11月12日(日)

【作家による作品解説】

     11月 5日(日) 11:00~

【会場】 美術工芸おがわ 

     〒760‐0065 香川県高松市朝日町5丁目10-1

     TEL087-821-3348 FAX087-821-3459

     店舗前に駐車場有

     高松駅よりタクシーで約10分

     高松中央インターより車で約12分

上田敦子作陶展 美術工芸おがわ

上田敦子作陶展 美術工芸おがわ

美術工芸おがわについて

数多くのサイトの中から、本日は美術工芸おがわにお越しくださり、ありがとうございます。
弊社は、瀬戸内海に面した四国・香川県高松市の美術工芸品のギャラリーです。
源平合戦の地「屋島」を東にのぞみ、穏やかな瀬戸内の凪を感じながら、陶芸、漆芸など、流行にとらわれない上質な作品を、独自の選択基準で取り揃えています。
どの作品も愛着をもって永く使い続けていただくことで、味わい深く育っていきます。

本来であれば、お求めの際には実際に手に取って、色合いや手に触れた感覚などを楽しんでいただきたいとは思いますが、多くの幅広い世代の方に見ていただきたいと考え、当サイトを開設いたしました。

また、弊社では日本茶も一つの作品ととらえ、日本茶インストラクターによる「日本茶を愉しむ」ライフスタイルも紹介しています。
どうぞ心ゆくまでご覧いただき、今後ともご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

Photo01 Photo02 Photo03
陶芸アイコン 漆芸アイコン 日本茶を愉しむ下アイコン
陶芸 備前焼 筒茶盌の画像

陶芸

弊社では「備前焼」「さぬきの焼」などの陶磁器を紹介しています。
どの作品も丁寧に仕上げられており、それぞれに味わい深さを感じさせてくれます。どうぞごゆっくりご覧ください。

Photo01 Photo02 Photo02
備前焼アイコン さぬきの焼アイコン その他の焼物アイコン

ページトップへ戻るアイコン

漆器・木工品ホームイメージ

漆芸

弊社では「漆器・木工品」を紹介しています。
自然の雰囲気を感じながら、現代の生活空間にも溶け込んでいく作品を選んでいます。どうぞごゆっくりご覧ください。

Photo01
漆器・木工品アイコン

ページトップへ戻るアイコン

日本茶を愉しむホームイメージ

日本茶を愉しむ

今から1200年前、中国より留学僧によって持ち帰られた茶の種は、現代に生きております。
自然の恵みをいただいて、茶の樹の葉は、茶園農家の手により「荒茶」として生まれ変わります。
このお茶は、茶師の感性と技により、それぞれの良いところを活かし、よりおいしいお茶に仕上げられます。
日本茶は、五感で楽しんでいただける、味のある作品のひとつと思い、ご紹介させていただいております。

日本茶を愉しむ
近江銘茶アイコン

ページトップへ戻るアイコン

  • 備前焼ページ
  • 備前焼茶陶ページ
  • 備前焼壺ページ
  • 備前焼酒器ページ
  • 備前焼花器ページ
  • 備前焼食器ページ
  • 備前焼その他ページサブ
  • さぬきの焼ページ
  • その他の焼物ページ
  • 漆器・木工品ページ
  • 日本茶を愉しむページ
  • 香川茶高瀬茶
  • 近江銘茶ページ
  • 日本茶を愉しむ会ページ
facebookロゴ  Twitterロゴ